あなたの家に合った太陽光発電

ライフスタイルに合わせた太陽後発電のある暮らしをご提案します。

あなたの家に合った太陽光発電 - ライフスタイルに合わせた太陽後発電のある暮らしをご提案します。

環境を守る太陽光発電

一宮市は桃の産地として有名な土地です。
春の桜や梅の写真がテレビや雑誌で紹介される中でも、一宮市の桃の咲く明るく華やかな光景は見る人の心をとらえ、温かき気持ちにさせてくれます。
夏以降は桃の収穫が始まり、国道20号線に沿って立ち並ぶ農家の桃の直販所が観光客の足を止めさせます。
この風光明媚で果実の豊富に取れる豊かな土地が原子力発電所の被害にあうなんてことがあってはないないと誰もが思うに違いありません。

中部電力は総発電量に占める水力発電の割合が最も高く、原子力発電に頼る割合も低い電力会社です。
また、震災後は、火力発電の稼働率が高まり、二酸化炭素の排出量が増えているということです。
二酸化炭素の排出量が増加するということは、原子力発電所の事故による被害とは比べものになりませんが、徐々に環境を悪化させるという点ではこれも怖いものだと考えなければなりません。
一宮市のような場所では、太陽光発電を行うなどして、クリーンエネルギーに力を注いでいるという良いイメージを発信することが他の地域にも勝るこの地のイメージアップにつながると考えます。
一宮市では、風光明媚な土地を守り、桃やブドウなどの作物を豊かに生産し、クリーンな太陽光発電をして、農業や人々の生活を支えているのだということを、全国に発信していけば、今までのイメージが良かったので、さらにイメージを向上させることができるのではないかと考えます。
山の南向き斜面、休耕田などに太陽光パネルを敷きつめ、環境を守る発電を行うことを期待します。