あなたの家に合った太陽光発電

ライフスタイルに合わせた太陽後発電のある暮らしをご提案します。

あなたの家に合った太陽光発電 - ライフスタイルに合わせた太陽後発電のある暮らしをご提案します。

太陽光発電で今後の電気代値上げに備える

この平成25年5月より、太陽光発電を導入した家庭の売電分の固定買取制度の分が、ソーラーを挿入していない家庭の電力料金に載せられるのをご存知ですか。
しかも、長引く原発の停止を石油高騰、それに長く続いた円高の終焉で、ようやく円安に向かったものの、円安は石油依存の電力に大きく跳ね返ってしまいます。
全国の電力会社の中で、沖縄電力を除くと最も元々原発依存度が低かった中部電力では、標準家庭の電力料金が過去最高の7304円になると、平成25年3月末の各紙の新聞で報じられました。

景気回復から所得が上がり、家計が潤わされるのが早いか、それとも更なる電力料金値上げが早いか、気が気でないご家庭も多いのではないでしょうか。
しかも、来年には消費税値上げが待っていますので、確実に電気代は3%値上げされます。
そこで注目されているのが太陽光発電です。
平成25年はソーラーモジュールの出力1kW当たりの単価も40万円台前半にまで下がってきましたので、いよいよ補助金がなくとも、確実に初期投資が数年で回収できるようになってきました。
でも、都市部にお住まいの方だと、周囲の建物があるため、日照時間による発電効率も心配ですよね。
でも中部電力管内の大都市、名古屋市は気象庁による年間日照時間が2078時間となっており、これは3大都市圏で最も日照時間が長い都市なんです。
しかも、技術革新で日陰でも発電量が確保できるソーラーも出ているので、都市圏でもそろそろ買い時なのは確かです。
でも、来年以降の導入には3%の消費税値上げ分を負担しなくてはなりません。
もう1年もないのです。
地元自治体をはじめ都道府県自治体の補助金申請や業者選択を含めると、検討して導入、稼動まで、数ヶ月もかかりますから、もうあとがないですよね。
ソーラー導入で、光熱費の値上げに一喜一憂しないですむ生活をはじめるのは、今年がタイムリミットの歳かもしれません。